.

「スプレッド」とは外為は通貨ペアを売り買いして収益を狙う取引です。売買の値は、常に上下しています。それが為替市場です。ラジオを聞いているとドルやユーロのニュースが流れるケースがあります。見かけるのが、「今日のドル円は1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」というようにです。それは80円50銭から80円52銭の幅の中で注文されているという意味ではなくドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭、であることを示しています。要するに、取引には、買値と売値の2個の値段が存在する事を示しています。売値のことをBID、買値のことをASKと表示する取引会社も存在しています。通常は売値のほうが買値よりも低くなるものです。私達が買値は高く、売値は安くなるものです。その差分をスプレッドといい会社の収入のひとつとされています。スプレッドの幅はFX会社によって異なります。スプレッドの差は利用者にとって出費になるので、狭い取引会社をピックアップするほうが得します。ただし、同じFX取引会社でも場面に応じてスプレッドは変わります。もし円とドルの組合せで1銭のスプレッドの差であるとしても為替相場の変動がかなり大きい状況では広くなったりします。という事で、スプレッドが狭いのと同じくらい変化が小さいということが重要です。この頃では固定でスプレッドの幅を提示する取引会社も数多くあったりします。現実に業者の売り買い画面の中で為替相場を確認しなければ評価できないので面倒くさいですが、重要な事です。大事な財産を投資して売り買いをするのだから本物の取引の前に、心惹かれたFX取引会社の取引口座開設を積極的にして、表示されているスプレッドの広さをチェックしましょう。同じ通貨の組合せ、そのタイミングの為替相場の変動率(ボラティリティ)によって、通貨のスプレッドの差は変化します。普通は、銀行間取引市場で流動性の高い通貨の組合せではスプレッドの広さが狭く、別の通貨ではスプレッド幅が大きくなる事があります。