.

自動車重量税、通称重量税とは国産自動車や外国の車など愛車の生産している国や電気自動車、セダンなど自動車の形状も全て同じでたとえばミツビシやアウディ、等でも当たり前に負担をしなくてはいけない税のことをいいます。サンプルファン

新車を登録するさいあるいは車検のさいに払わなければいけない税金なのです。チアベリースリム

この税額はその自動車の重さにより決定されます。藍の青汁

「自動車重量税」と「自動車税」という二つの税金は全く異なる税ですから、しっかり理解して一緒にしないようにしましょう。ペッツデポタウン

「自動車重量税とは重さ毎に」「自動車税という税金は車の総排気量で」金額が違います。デオシブEX

それで、売却時の対応も変わりますから注意しましょう。千年酵素

車を手放すときには既に納めた自動車の額がどれだけ残っていた場合でも、その税額が還付されるということはないです。ラポマインサプリメント

一方で自動車税の時は既に納めた残存税額を査定額に乗っけてくれるようなケースがあるものの、重量税に関しては足されるようなケースはなかなかないはずです。ソイスリム

重量税というのは、車を手放すときに既に納付した税額があると言っても自動車業者にてそのことが忖度されることはまずないのです。まんぷくスリム

ですから次回の支払いつまるところ次の車検まで売るのを少し待ち買い取りをお願いするという方法が最も良いと思います。

中古車の買取の時は戻ってこない重量税ですが、特別な場合だと還付されることもあるのです。

というのは次の車検までの期間が残存している車を廃車にしてしまう時。

というのは、廃車登録をした時に残存期間に従って重量税が戻ってきます。

ただし自動車の売却の時はそのクルマが廃車されるわけではないので還付されません。

さらにクルマの名義の変更をした場合や、盗難された場合も還付してもらうことは不可能です。

重量税が残っている期間がある愛車を買い取るということは車検期間が残っているクルマということです。

それを買取店も計算に入れますから、自動車重量税の期間が残っていればそこそこ売却額が増えると思います。

当たり前ですが、売却額は買取業者次第でまちまちなのですが車検がまだある事実を考慮していただければ愛車の売却額と比較するとそんなに払い損ということもありません。