.

自動車での事故が起きた場合、己が事故の被害者の場合でも、相手が手落ちを少しも受け入れないことは数多くあります。過払い金請求 司法書士事務所

一例として、故意に起こしてしまったのと違い少し他のことに気がいったことで相手の自動車をぶつけられた時に、こういう言い争いに結果なってしまう可能性がありえます。

だからと言って現場で自動車だけの交通事故処理され、何ヶ月か後に自覚症状が現われてから、通院した病院の医師に作成してもらった診断書出すというのは後手に回るというのは否定できません。

それならば自動車での事故の過失割合の取り決めにはどんな物差しが決められているのでしょうか。

しっかりと申し上げますと警察署が結論付けるのは核として車の事故の大きな過失があるのはAかBかということであって、過失の割合ではないのです。

その上、明確にされた事故責任者が警察署から明確にされる事は事態は有り得ません。

そんな訳で、過失の割合がどうなのかは事故に関わった人たちの話し合いによって決定されこの事が自動車事故の賠償のベースになります。

その場合に、両方が任意保険に加入していない場合には当事者同士が真正面から調整することしかできません。

だけど、当然の事ですがこういうやり方では、非理性的な応報になる場合が高いです。

まして、互いの意見が食い違えば万一の場合、訴訟に突入しますが、その場合長い年月とコストとても大きなロスを避ける事ができません。

なのでほとんど、事故に関係する運転手についている自動車の保険屋さん、こういったお互いの保険会社に協議を全て任せる手立てを用い、正しいどちらに何割過失があるのかを決めさせます。

こういった時には、自動車の保険の会社はそれ以前の事故の裁判の判断から算定した認定基準、判例タイムズなどをたたき台として想定と相談をして過失の割合がどうなのかを算定します。

そうは言っても自動車事故の際には、遭遇してしまったのか起こしてしまったのかには関係なく、第1に警察に電話するのが絶対です。

その後で、自動車の保険の会社に連絡をしてその先の話し合いを委任するのが順序になります。

状況に応じた順番さえ知っておけば、双方の無益な水掛け論となる場合を未然に防止できます。