.

FX(外国為替証拠金取引)の良いところはたった一つの商品であるはずが資金投下の期間を「短期」「中期」「長期」の中でどの種類を選ぶのかで投入の方法がまったく変わるというところにあると言われます。http://webmania.to

初めに外国の貨幣へ投資の「長い時間をかけるスタンス」に関して詳しく見てみよう。

長期投資というのは、一年以上の出資を原則としています。

だいたい為替レートで、一年以上も経った後の為替の相場がは円高なのか、もしくは円安かを考えるなんていうことは、たいていの場合困難に違いありません。

普通の人は「それほど後のことは予言できない」というのが当たり前だからです。

予言もできないのになんとか予測しようと思ったところで、無謀なのです。

そういう訳で他国の貨幣を買ったとして、価格よりも円高になってしまっても、その差損分は近い将来円安に戻るはずだという程度の思いで参加することが大切です。

為替の差益を何が何でも大きくするというよりも、他の方法での収益つまりはスワップポイントを稼ぐのを初めのゴールとして投資しましょう。

当然のことながらちょっとの間で為替の差損に損失がすごくなってしまうことがあります。

そういったことからこういうケースのような為替差損が大きくても大丈夫なようレバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を必要最小限に抑えることは重要です。

FXは損が一定額を上回って広がってしまうと、追い証(追加保証金)が必要になったり、ストップロスを置く必要があります。

ストップロス(ロスカット)がかかったら、すぐトレードを打ち切りしなければならず、長期の取引は厳しくなります。

こういったリスクを抑えるためには、レバレッジ2?3倍あたりで売買するのが安心です。

今度は中期のスタンスのケースの売り買いを見てみましょう。

中期の場合1?2ヶ月程経った頃を考慮してのトレードを行います。

為替のトレードの時、1ヶ月後のことは、ほとんどの場合想定可能な場合が多いでしょう。

G7等の各国の閣議とか、為替トレード参加者がいかなることに関心があるかを考えてみればだいたいの場合見当がつくのです。

経済の状態をチェックしながらグラフを参照することで、為替の相場の状況を理解しどちらのポジションかを決定するといいでしょう。

基本的に、ファンダメンタルズとテクニカルのどちらも光り、あるいは買いが同様であれば、ほぼ予想通りに動いていくと考えて良いでしょう。

その際は保有高を増やすことでより一層高い儲けを入手できるに違いありません。

第三に短期トレードのコツです。

ここでの短期トレードが示しているのはつまりは日計り取引を示しています。

為替でデイトレをする時経済の状態は影響しないと断言します。

なぜならあくる日の為替相場の変化に、ファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)は無関係だからです。

この場合、最大の狙いどころは大きな行事があることでそのおかげで為替のレートが著しく変化する一瞬を見逃さないよう行動しましょう。

例を挙げると、米国において雇用者の統計が公布される、はたまた金融会議が行われることによって金利が変わるといったイベント。

こういう一瞬の変移を捉えるといった意味から、短期スタンスは技術的な情報が必須になる。